LOG IN

マイク・タイソンが越してきた。

中学の頃、マイク・タイソンみたいな奴が転校してきた。 頬に刃物でできた傷があり、腕が女子の足くらい太かった。 野生的な恐ろしさがあった。 担任が「●●(名前がどうしても思い出せない)、みんなに挨拶して」と言ってもひと言も話さなかった。 関わりたくないなあと思っていると、担任は僕を見て「井上、面倒見ろ」と言った。 隣の席が空いていたのだ。

偽造カードで150万円使われた。

数年前の話ですが、教訓ということで共有します。 カードの請求書に「スナック タンポポ」と「クラブニューアイズ」いう項目があり、20万円のという数字を見たときは他人の請求書だと思った。隣の阪神ファンの会社員だろう。俺、そんな楽しいところ行ってないもんな。……。いや、俺の名前だ。 「なにかの間違いなんだろうなぁ」と思いカード会社に電話してみた

フンドシ男とクマさん。

電車に乗っていると、紺のはっぴにフンドシ姿の男が乗ってきた。 足は女性のように細い。 上半身ははだけ、ひ弱そうな体が露出している。20代の男性で、一見おたく風。 黒いメガネをしている。 祭りじゃないだろうし、たとえ祭りでもフンドシ姿でひとりでは乗ってこないだろう。 驚いたことに、周りにいるサラリーマンたちはだれひとり彼を気にしない。 やっぱり

中国人と京都の運転手。

京都に行った時タクシーで移動した。 東京に比べ、大阪や京都の運転手は話し好きが多い。 特に京都は観光客が多いからだろう、地理にも詳しい。歴史なども教えてくれるので話が楽しい。 その日も話し好きの運転手だった。 交差点で車が止まる。外国人観光客がずいぶんいた。 昔から外国人観光客は多かったけれど、さらに多くなっているんだなと感じた。 多いで

人を殺す道具は美しい。残念ながら。

人を殺す道具は美しい物が多い(残念ながら)。 日本刀にしてもピストルにしても戦闘機にしても、その姿は最低限の相手への敬意なのだろうか、シャープで無駄な物がない。 ナチスドイツと闘った連合軍は、ナチ将校を殺すと彼らの持つワルサー銃を競って奪ったという。 憎い敵の武器ではあったが、その造形に対しての尊敬があった。 今は3Dプリンターで銃が作れ