LOG IN

中国の寺で金頼み。

by gogomon

なんかちょっとばかり、良いことを言ったり、したりすると
「それって偽善だよね」なんて、言う奴がいる。言って、なんか勝ち誇ったような顔をしている。そんなフレーズを聞くと、
こいつ、戦争映画で強力な武器をすぐに使って窮地に陥ってすぐ死ぬタイプだなと思う。
その「偽善だよね」という使い古された言葉頼りというか、「攻撃が浅っ!」と思うのだ。

中国の寺に行った時、えらいみんな熱心にお祈りしていた。
中国では、文化大革命の時に寺や宗教施設などはことごとく破壊されたと聞いていた。
信仰心とはそんな時代の荒波にも負けず、人の心に根付いているんだなとしみじみ思った。「信仰深いんですね」と、感心していたら、
通訳の人が、

全部、金のことです。
お金貯まるように、儲かるように祈ってるんです。
中国人が祈るのは、金のことばかりです。

と言う。言い切る。

神頼みではなく、金頼みです。

と、ガハハと笑われた。
人の心の中なぞわからぬから、はたしてそうなのかわからんけども、売ってるグッズなど見るとやはり金関係が多い。いや、金が貯まりますようにばかりだった。

しかし、ふと我が身を思う。
寺や神社で何か祈る時、
「途上国のGDPが上がりますように」とか
「一票の格差がなくなりますように」とか
「待機児童が減りますように」とか
「ISが解散し、皆それぞれの村に帰り、平和に暮らしますように」などとは祈らない。
そのほとんどは家族や自分の利益であって、まあ、広い意味では自分の利益を祈る。
だから、

「カネ、儲かりますように」

というのと実は根元ではあまり変わらないかもしれない。いや、むしろ明快ですがすがしい。
「偽善だよね」とのたまう人は、神様の前で何を祈るのだろう。
「カネ、儲かりますように」って、ダイレクトにずけずけお祈りしてるんだろうか。
今度、神様に聞いてみよう。


gogomon
OTHER SNAPS